特許戦略の一環としての防御的出版物

特許戦略の一環としての防御的出版物

防御的出版物(ドイツ語で”Sperrveröffentlichung”)の基本的な考え方は、競合他社によって出版された後に提出された特許出願に対 新規性や進歩性を含む発明の特許性基準は、最先端に関して決定されるため、発明を公開した後では、発明に関する特許保護を得ることはできない。

したがって、発明の防御的な出版は、競合他社が同じ発明を成功させるのを防ぐのに役立ちます。

1. 先行技術の定義

最先端技術または先行技術の定義は、特許システム全体で主に標準化されています。 第54条(2)EPCによれば、最先端の技術は、欧州特許出願の出願日前に、書面または口頭の説明、使用、またはその他の方法によって公衆に利用可能なすべてのものを含むように保持されなければならない。 製剤「又は他の任意の方法で」は、本発明が一般に利用可能にされた方法が重要でないことを示す。 重要なのは結果です。

他の法域でも同様の定義が存在し、例えばドイツ特許法第3条(1)、米国特許法第35条(1)、シンガポール特許法第14条(2)を参照してください。

シンガポール特許法は、先行技術の最も包括的な定義の一つを提供していることは注目に値します。: “…すべての問題(製品かどうか,プロセス,いずれかについての情報,または何か他のもの)その発明の優先日の前にいつでも公開されています(シンガポールでかどうか他の場所で)書面または口頭の説明によって,使用またはその他の方法で”.

2. どこで公開するのですか? 誰も見えないところ!

防御的な出版物の悪いニュースは、発明を出版することによって、それが一般に利用可能になり、したがって競合他社にも利用可能になるということ

ここでは、防御的な出版物のジレンマがあります。 一方では、競合他社が発明を特許できないような先行技術を作成したいと考えており、他方では、競合他社が防御的な出版物に記載されている技術教 理想的には、防御的な出版物は、公衆に利用可能であるが、同時に見つけることは困難でなければならない。

3. オンライン出版

従来技術は、法定定義の意味の範囲内で一般に公開されている”そうでない”とみなされるオンライン出版物を含むことも広く認め https://www.lulu.com/やhttps://priorart.ip.com/などの最新のオンライン出版社は、公開された文書の検索可能性を調整することを可能にします。 言い換えれば、競合他社が公開された文書を見つけるのをより簡単に、またはより困難にすることができます。

異なる法域における先行技術の同様の定義にもかかわらず、その解釈には違いがある。 例えば、米国では、欧州と比較して、より厳格な先行技術基準が適用され得る。 特に、特定の状況下では、オンラインで公開された文書は、ヨーロッパでは一般に公開されているが、米国では公開されていないとみなされる場合があり

文書の検索性が文書を見つけることが事実上不可能なレベルまで低下した場合、一般に公開されたとはほとんど考えられません。 しかし、この種の”出版”は、出版よりもアーカイブであり、文書をアーカイブすることによって内部の最新の状態を文書化するのにも非常に役立ちます。 そのような場合、Benelux i-DEPOTを使用することができます。

4. 発明を公開するかどうかの決定

発明の開示を処理するためのさまざまなオプションがあります:

  • 特許または実用新案出願を提出し、
  • 発明をアーカイブし、例えば秘密にしたり、後でフォローアップしたり、
  • 防御的な出版物として本発明を公開し、

どのオプションが会社のニーズに最も適しているかを見つけることは、必ずしも簡単な作業ではありません。 新規性や発明性などの特許性基準に加えて、特許戦略に応じて、次のような意思決定プロセスの結果に影響を与える可能性があります:

  • 市場または製品ポートフォリオとの関連性、
  • 技術的実現可能性、
  • 競合他社への誘引性、
  • 侵害の検出の容易さ、および
  • 予算の制約。

影響要因が異なるため、決定はチームまたは特許委員会によって行われることが多い。 しかし、専門家のチームであっても、意思決定は挑戦することができます。 したがって、意思決定プロセスを容易にするために、価値数および重み付け係数に基づいて発明を評価するための特別に開発されたスキームが適用さ

白黒のケースでは、発明の評価が最大値または最小値の数になった場合、特許を申請するか、発明を拒否するかを迅速に決定することができます。 しかし、ミッドレンジセグメント、特に予算の制約を考慮して、本発明の出版またはアーカイブは、より良い選択であり得る。

意思決定のための利用可能な時間は非常に限られている可能性があります。 時には、例えば、発明が提示される展示会のために、またはプロトタイプが緊急に送信されるために、決定を下すための厳しい締め切りがあります。 そのような差し迫った出来事がなくても、意思決定者はしばしばタイトな議題のために高い時間の圧力の下で働いています。 例えば、大規模な多国籍企業では、発明開示者の決定を行うための利用可能な時間は、多くの場合、発明あたり10分未満です。

5. 防御的な出版物の搾取

防御的な出版物はあまり頻繁に引用されていません。 また、ほとんどの場合、防御的な出版物は、任意の特許に対して使用されることはありません。 防御的な出版物の比較的控えめな役割には、いくつかの説明があります:

  • 防御的な出版物は、競合他社に対して使用できる強制可能な独占権を付与するものではなく、
  • 防御的な出版物には内部ノウハウに関する機密情報が含まれている可能性があります。 そのため、ついする前に利用してもらうことを目的として、
  • 守備の出版物を反映してインスタンスまたは状態のスナップショットには常に変化します。 したがって、技術進歩の過程で、関連性が影響を受ける可能性があります。

6. 守備の出版物と”Arbeitnehmererfinderrecht”(従業員発明者の資格)

これは守備の出版物の非常にドイツの側面です。 “Gesetz über Arbeitnehmererfindungen”(ドイツの従業員発明法)によれば、従業員が発明の開示を雇用者に提出し、雇用者が発明を”主張”する場合(例えば、会社に関連するもの)、雇用者は特許出願

雇用主が特許出願を行うという一般的な義務から逸脱することは、従業員との特別な合意により可能である。

このような契約は、通常、雇用主が発明を会社に関連すると主張するときに、雇用主による発明者への一括払いを含む。

いずれにしても、発明を公表する前に、雇用主は従業員の権利に関するすべての法的質問が解決されていることを確認する必要があります。

7. 公安問題

多くの国では、行政がそれぞれの主題について発言権を行使する前に、海外での発明の提出を制限する規制が設けられている。 例としては、原子力技術、軍事関連技術などがあります。

特許出願については、シンガポールでは第34条シンガポール特許法によって、ドイツではドイツ特許法§50PatGによって規制される場合があります。 防御的な出版物については、他の規制、例えばシンガポール戦略財管理法または§94StGB、ドイツの刑法が適用される場合があります。

8. 結論

オンライン出版は比較的安価であり、競合他社の特許出願に対して引用可能な先行技術を作成するために効果的に使用することができます。 利用可能性、例えば普及、検索可能性、価格など。 オンラインで公開された防御的な出版物のうち、クライアントの特許戦略に従って調整することができます。

公開する前に、防御的な出版物は、一般に利用可能になることが想定されていない機密情報がないかどうかを徹底的にチェックする必要があります。

高い時間の圧力の下で働いているチームでは、守備の出版を進める決定を下すのは難しいかもしれません。 守備的な出版物を誘発する決定がチームのリーダーによってなされなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。