血圧計のメディケアカバレッジ

血圧計のメディケアカバレッジ

この記事では、血圧計のメディケアカバレッジについて説明します。 これには、患者が自宅で使用するための標準血圧モニタ(「袖口」)または外来血圧モニタ(ABPM)装置の両方が含まれる。

血圧計はメディケアでカバーされていますか?

自宅で使用する血圧計は、二つの例外を除いて、メディケアの対象外です:

  • 自宅で血液透析(血液透析または腹膜透析)を受けている患者のための血圧モニターおよび聴診器
  • 医師が信じている患者のために、24時間周期で血圧測定値を取り、保存する外来血圧モニタリング(ABPM)装置

カバーされて、メディケアパートbは、血圧監視装置のレンタルのために支払います。 モニターは、メディケア認定の医療機器サプライヤーから借りる必要があります。

メディケアパートCプランは、メディケアアドバンテージプランとも呼ばれ、元のメディケアパートAとパートBのカバレッジに含まれているすべてをカバー しかし、時にはパートCの計画は、余分なサービスやカバレッジの拡大量で、より多くをカバーしています。 あなたの計画が余分適用範囲を提供するか、または血圧のモニターに別の共同支払を要求するかどうか調べるためには、計画に直接連絡しなさい。

メディケアが支払うもの

メディケアパートBは、カバーされた血圧監視装置のレンタルのためにメディケアが承認した金額の80%を支払い、残りの20% 以下に説明する理由により、デバイスをレンタルするサプライヤーが支払う金額に影響を与える可能性があることに注意してください。

血圧計がメディケアの”参加サプライヤー”と呼ばれるものからレンタルされている場合、サプライヤーはメディケアが承認した金額を超える料金を請求することはできません。 ただし、メディケアに登録されているが、正式に参加しているサプライヤーではないサプライヤーは、メディケアが承認した金額よりも多くを請求す その場合、患者は個人的にメディケアが支払っていないメディケアが承認した金額の20パーセントの上に)メディケアが承認した金額とサプライヤーが実際に請求する金額との差額を支払わなければなりません。

特定の種類のケアや機器に関する規則にかかわらず、メディケアパートA、メディケアパートB、またはメディケアパートC計画がカバレッジを提供するためには、ケアや機器は二つの基本的な要件を満たさなければならない。:

  • ケアや機器は「医学的に必要」でなければなりません。”これは、認可された医師または他の認可された医療提供者によって注文または処方されなければならないことを意味し、メディケア(またはメディケア
  • ケアまたは機器は、メディケアに参加する医療提供者または機器サプライヤーによって提供されなければなりません。

メディケアへの私たちの完全なガイドでデバイスやサービスのメディケアカバレッジの詳細をご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。